あなたの毎回のクリック・タップ感謝します!

演歌ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

♪ 星影のワルツ (1966年3月 千昌夫) 歌・こおり健太・吉幾三

演歌っていいですね!

スポンサーリンク



139 views   12 likes   0 dislikes  

Channel: 白神アイティーサービス

作詞 : 白鳥園枝
作曲 : 遠藤 実

「星影のワルツ」(ほしかげのワルツ)は、1966年3月24日に発売された千昌夫のシングル。
アレンジを変更して再録音したものが1968年3月に再発売されている。
当初のA面曲は「君ひとり」であった。1966年発売ながら、1968年に集計が開始されたオリコンチャートの集計では170万枚を超える売上を記録した。
1966年の発売当初は売れ行きは低調であったが、千自身がこの曲を気に入って歌い続け、全国の有線放送に働きかけてヒットへ導いた。1967年頃から各地の有線放送で火がつきはじめた。
累計売上は250万枚。
日本国外でも歌われており、まず台湾で「星影的別離」として発売、続いて香港・シンガポール・マレーシアへと広まった。マレーシア出身の演歌歌手荘学忠によって「星夜的离别」と言うタイトルでカヴァーされている。
「星影のワルツ」の歌詞はミノルフォンレコード第二制作部長が作曲者の遠藤実のところに持ってきた、作詞の同人誌『こけし人形』に収録されていた白鳥園枝の四行詩「辛いな」に歌詞を追加して改題したものである。

Video length: 2:46
Category: Music
0 comments

* This article was originally published here
演歌の街へのご訪問、誠にありがとうございます!


この演歌はいかがでしたでしょうか?
ほかの演歌もご覧くださいね!



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




PAGE TOP