あなたの毎回のクリック・タップ感謝します!

演歌ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 演歌・民謡・大衆歌謡へ
にほんブログ村

藤あや子(Fuji Ayako) – 津軽平野.[1984年3月25日原唱:千昌夫](東京公演~しなやかに幻想~1994年9月24日~中野サンプラザホールにて収録)[中日文字幕]

演歌っていいですね!

スポンサーリンク



311 views   6 likes   0 dislikes  

Channel: 大雄sunshine

藤あや子(Fuji Ayako) – 津軽平野.[1984年3月25日原唱:千昌夫]
(東京公演~しなやかに幻想~1994年9月24日~中野サンプラザホールにて収録)

津軽平野 (1984年3月25日原唱:千昌夫)

作詩 / 作曲:吉幾三

洪榮宏「溫暖的山雪」的原曲

つがるへいや ゆきふ ころ
(一) 津輕平野に 雪降る頃 當津輕平原,下雪的時喲
おとう     でかせ じたく
親父ひとりで 出稼ぎ仕度 爸爸獨自一人,在準備出外出 謀生
はる     おとう かえ
春にゃかならず 親父は帰る 到了春天爸爸一定會回來

みやげいっぱい ぶらさげてヨー 手提著滿滿的土產禮品喲ー
さみ      な    おとう
淋しくなるけど 馴れたや親父 雖然會覺得寂寞 ,可是我已習 慣了呀!爸爸

じゅうさん にしかぜつよ
(二) 十三みなとは 西風強くて (陰曆)13日的港口,西風強勁
ゆめ     ふぶき よふ
夢もしばれる 吹雪の夜更け 夢也會冰凍,暴風雪的深夜
   つがる ゆき
ふるな ふるなよ 津輕の雪よ 不要下!不要下啊!津輕地 方的雪呀
はる ことし おそ
春が今年も 遲くなるよ 不然今年的春天,也會遲到啊!
  れっしゃ あ  おとう
ストーブ列車よ 逢いたや親父 裝有暖氣的列車啊!真想見到爸爸

やま ゆき  はなさ ころ
(三) 山の雪どけ 花笑く頃はよ 山上的雪溶化,花開的時候

かあちゃんやけによ  母親心急如焚

そわそわするネー 感到很緊張
  おお こえ
いつもじょんがら 大きな聲で 而總是跟往常一樣 每次都大聲唱著津輕民謠調
おとう    きしゃ  お
親父うたって 汽車から降りる 從火車上走下來的父親
いわきやま  み   おとう
お巖木山よ 見えたか親父 巖木山啊!你看到了爸爸(在下車)嗎?

作詞:浅倉玲 / 作曲:聖川湧

富士と言ったら日本一
高いお山の事だけど
富士も色々ありまして
あたし可憐な藤の花

花は花でもまだ固い
あたし蕾のつもりでも
人が言うには はやすには
お前とっくに花盛り

もしもそうならこの胸に
蝶の2匹や3匹は
飛んで止まっていいものを
悪い虫さえ飛んでこぬ

向いコタツで見つめ合い
さしつさされつ してるうち
肩を抱かれるいいとこで
今朝も夢から目がさめた

なってみたいの 幸せに
日本一とは言わないが
同じ呼び名にあやかって
富士のお山に手を合わす

富士のお山に手を合わす

Video length: 2:52
Category: Music
0 comments

* This article was originally published here
演歌の街へのご訪問、誠にありがとうございます!


この演歌はいかがでしたでしょうか?
ほかの演歌もご覧くださいね!



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




PAGE TOP